アパートやマンションの投資物件|建物の経営で収入をゲット

不動産投資のトレンド

セミナー

インバウンド投資に注目

ミドルリスクでミドルリターンとされる不動産投資、ある程度投資を実践してきた人向けの投資先です。マンション投資は不動産投資の中でも比較的始めやすい投資です。取引量が多く活気のある市場で売り買いがしやすいため、投資をコントロールしやすい特徴があります。マンション投資は初期費用が比較的少なく始めることができます。物件の値上がりを待つだけでなく、賃貸収入も見込めます。相続や税金対策にも利用できるので、自己資金がある程度集まると魅力を持ってくる投資先です。ここ数年のマンション投資はインバウンド投資が大きな影響を与えています。中国資本を中心に都市部やリゾート地域の物件が買われています。さらに民泊のトレンドも加わり、大量の物件が動いています。

低金利の今がチャンス

日本の金融政策は今後しばらく現状路線で続けられると考えられます。金利が大幅に上がる可能性は低く、マンション投資に有利な環境の変化は当面ないといえます。地方の銀行でも積極的な融資が行われており、マンション投資も盛んに融資がなされています。築年数が数十年の中古のマンションでも従来とは違い融資を受ける事が可能です。融資条件も緩和され、投資物件を対象とした金融商品も増えています。融資の対象となる物件の条件が緩和傾向にあるということは、より柔軟なマンション投資の戦略を取ることができるということです。自己資金が少ない兼業投資家でも対象となる物件が増えたことによって、十分にマンション投資が始められる状況です。